2006年12月15日

MAP06 スモンレスク攻略

徐々に強くなるソ連軍。
敵要注意兵器としては、前回より引き続き登場の重戦車KV-Iに加え同等の性能を持つT-34Aが登場。
航空ユニットでは、I-16より更に強くなったLaG3が登場する。
しかしまあ数も少なく、それほど苦労する地形でもない故、まだまだ行けるのでご安心を。


以下、攻略編

『まだまだ行ける。』とは言え、前回に引き続き序盤が最も過酷なこのMAP。
ドイツ軍発進地点の間近で敵がわんさか待ち構えている為、こちらの士気も否応無しに上がるというものだ。

g_m601.jpg
まず、この様に配置。
司令部右隣を空け、右下にデマーグD7を配置しておく。
動員兵の索敵範囲から見れば司令部が空に見える為、意気揚々と爆撃機が司令部を狙ってやって来る。
そこを横から対空戦車で蜂の巣にしてやろう。

対空戦車がない場合は高射砲で代用すべし。
射程1の攻撃力は対空戦車の方が上であり、戦術上機動力を求めた為に、この場は対空戦車を運用した。
対装甲戦なら4号戦車D型と同程度の性能を持っている上、移動力もあるので積極的に運用して良い。

因みに動員兵の目の前に対空戦車を配置すると、爆撃機が対空戦車を狙ってやって来る。
そうなると被害甚大なので気を付けよう。
そこには何を配置しても爆撃機がやって来るので、素直に空けておくのがBest。

航空ユニットはMe110Eを3登用。
LaG3程度ならばMe110Eで十二分に戦える為、爆撃性能の高いコチラをチョイス。
訓練値が低い部隊しかない場合は、素直に戦闘機を出す事。

歩兵は上にエリート歩兵、下に降下猟兵を配置したい。
この時期に移動距離4を持つエリート歩兵は非常に貴重。
降下猟兵にゆとりがあるなら1部隊は置いておきたい。
(何となく最後まで持っておきたいエリート歩兵)
エリート歩兵がいない場合は、代わりに装甲擲弾兵を配置する。

g_m602.jpg
2ターン目、まずこうして『生産・配置』可能箇所を空けるように移動しながら戦う。
デマーグD7で爆撃機を叩くのは危険な為、戦闘機を叩いた。
(この辺は敵の残機数と相談の上、運用してもらいたい。)

とりあえず、まずは目前の都市二つを占領する方向で。
南にいた第20軍配属の軍勢を叩いても、あと1HEXで空港も使えたが実際にはトーチカ跡にが『生産・配置』可能になるだけ。
それより『15ターン』と言う条件がある以上、まずは第20軍司令部を落とす方向へ進むのが吉。

因みにココで大勝を逃しても、シーライオン作戦を大勝出来ているなら次のMAPで大勝出来れば問題ない。
しかし、まずは大勝しておこう。

配置は、戦車×3+歩兵×3が良いか。
私の歩兵配置は降下猟兵×2の装甲擲弾兵×1とした。
降下猟兵は右上の空港から続々と飛び立ち、スモンレスク右下と左下の空港を早めに占領したい。

航空部隊は爆撃機を出撃させる。
戦闘機は温存の方向で。
(訓練値or経験値を稼ぎたいなら最初のターンから出して良い。)

3ターン目は、近場の敵ユニットを爆撃で排除しつつ、残った航空部隊でとりあえずホト親父率いる第三装甲集団に援軍を出してやる方向で臨む。
野砲やLaG3を片付けてやろう。
エリート歩兵ならば、3ターン目に右上の空港を占拠可能。
これで下の都市を占領した降下猟兵が4ターン目で変形可能となる。
エリート歩兵がいない場合、4ターン目に占領し、5ターン目で変形しなければならないだけだが、この1ターンの差が序盤では大きいのだ。
特に、空港の少ないこのMAPでは大きく響く。

MAP中盤に南東より現れるソビエトの援軍であるチモシェンコ軍は、地上ユニットのみではあるもののやたら強い。
KV-IとT-34Aの他、対空戦車ZIS AAに、自走高射砲IAG-10AAまで持って来る。
(自走りゅう弾砲カチューシャを連れて来ないだけましか…)
戦うとすれば、どう戦うかだ。
早目に高射砲と強力な戦車を潰したいところ。


因みに紹介が遅くなったが、現在プレイヤーが指揮しているのは"韋駄天ハインツ"ことハインツ・グーデリアン将軍の第二装甲集団。
http://sega.jp/pc/soft/advd2001/dc/ger.html
グーデリアン将軍に関しては上記アドバンスド大戦略公式サイトを参照の事。

http://sega.jp/pc/soft/advd2001/dc/add-dc/
コチラのサイトで「○×しよう。」or「○×したまえ。」と閲覧者の相手をしてくれる人物もグーデリアン将軍だ。


"ホト親父"ことヘルマン・ホトはこんな人。
hot72.jpg
ヘルマン・ホト 1885〜1954
モスクワ侵入作戦失敗後もヒトラーから厚い信頼を受けていた為その地位を守られたが、43年にキエフ防衛失敗の責を負わされ予備役編入となった。
スモンレスク攻略戦では、グーデリアン将軍指揮下の戦車には『G』、ホト将軍指揮下の戦車には『H』が記されたというドラマもある。
是非とも快進撃を続け、ホト将軍の地位を確固たるものにしたいものだ。

g_m603.jpg
グーデリアン「待たせたなぁホト親父!」
って、4ターン目でこれはやり過ぎ…

(因みに戦車系の経験値稼ぎをしたかったので、やり直しました…)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。