2006年12月16日

初級戦略指南

っと銘打ちつつ、中級も上級もありません。
何てったって、私も初級者ですしね。
また、戦術やら戦略やらは人それぞれですので、私の指導も参考になるのかならんのか微妙ですけど…


まずは攻撃目標及び侵攻ルートを決める事。
まあ、最終的な攻撃目標は全ての敵司令部となるワケですが、司令部も何箇所かありますし。

幸いな事に索敵をOFFにすれば情報は全て手に入りますし。
敵部隊の配置も全て確認出来ます。
その上で、どの司令部を先に落とすか。
敵の防衛線の何処を突破するか。
総じて、その司令部へ到達するルートはどう取るべきかをじっくりと考えてから、いざ侵攻。
侵攻ルートに誤りがあった場合は、ロードしてやり直し。

進軍は思い切ってした方が吉かと。
誤りも見抜きやすいですしね。
徐々に進軍していると、逆に誤りも解り難いですし。
まあ、解り易く言えば何処からどう攻めるかを事前に決めてから進軍しましょうと。

して、敵が三方向から攻めて来る場合、数箇所にバラけて三方向へと攻めるよりは、何処か一箇所へ攻め込んで残りは守備に徹した方が吉かと。


では次に、進攻ルートをどう取るか。
これは一概に「どう」とは言い切れません。
MAPによって色々と変わりますしね。

しかしまあ、基本的にコチラが展開する戦術の障害となるユニットを破壊して行く方向で行く事だけは確実。

まず、攻め込まれたら話になりませんので、敵航空ユニットの進軍を防ぐ方向から。
敵の中で最も厄介なのが戦闘機。
戦闘機の進軍を防ぐ為に、コチラも戦闘機を出すか。
もしくは高射砲と対空戦車で撃ち落すかです。
基本的に戦闘機は地上からの攻撃に弱いので、出来る事なら対空戦車&高射砲で落とすのが吉。
しかし、その為には敵航空部隊の進軍ルートを完璧に予想出来なければなりませんし。
更に、コチラの進軍が大幅に遅れる事にもなります。
解り易いルートで進軍して来そうで、尚且つ速攻を掛けられそうならば、高射砲&対空戦車で待ち構えるのが吉。
逆にコチラが攻め入る隙がありそうならば、戦闘機で打って出る。

コチラの進軍は爆撃機による爆撃が中心となります。
その上で、敵の対空戦車と高射砲がネックになりますので、高射砲を爆撃で破壊するルートを考えるのも重要。
爆撃機を攻撃して来そうな戦闘機をどう排除するかも考える必要ありです。
同時に敵の爆撃機に爆撃されるのも被害甚大ですので、爆撃機を撃ち落す為の戦闘機ルートも考えつつ。

こうして、まずは『制空権』を得る事を主体に。


次に陸軍の進攻を妨げる要素の排除。
これは簡単。
野砲を中心とした長距離砲の排除ですね。
陸&空が一体となって進軍して行く『電撃戦』がポピュラーになる前に航空ユニットの代わりを務めていたのが野砲ですし。
厄介さNo.1です。
まず、敵野砲の攻撃範囲に入らない範囲で陸軍が作戦を展開出来そうならば、まずは放ったらかしにしておいて制空権を得る事を第一に。
陸軍進軍の妨げになるようだったら、野砲等の破壊を第一にすべきかと。


まあ、そうして航空ユニットで安全圏を確保しつつ、陸軍を前進させ前線を拡大して行く。
戦車を最前線に置き、二段目に野砲を設置。
更にその影で歩兵が暗躍すると。
これが基本戦略でしょうかね。
近付いてきた陸上ユニットは野砲で弱らせつつ戦車で叩く。
歩兵が次々と都市を占領して行き…の繰り返しです。

後はゲリラ的に敵本拠地を爆撃で潰して回るとか。
降下猟兵を守りつつ、前線を超えた遥か先に陣を取るのも良いかと。
輸送機で戦車を運べれば最も良いんですけど、それは無理ですのでその辺は陸軍による怒涛の快進撃でカバーするとか。
もともと、足並みが揃わないワケですしね。

電撃戦最大の欠点がこの進軍速度のずれです。
昔は野砲をぶっ放し、戦車と共に歩兵は徒歩で進軍していました。
日本軍でも自動車化兵が最初から開発出来ますが、日本軍は特に延々と徒歩での進軍が主でしたしね。
日本軍の兵隊さんが戦車と共に電撃戦を繰り広げているとか聞いた事ありませんし。
(もっとも、そんな事出来たワケがない事は日本編をプレイする事で嫌と言う程に理解出来ると思います…)

何にせよ、MAPやら国やら兵器やらによって攻略法は異なりますので。
後は各MAPで説明しますです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。